■ 過去の展示

現代アートを解剖する Vol.1 武田浩志(3/7 - 4/17)
 

テラス計画では、このたび、北海道の作家を取り上げ、作品の原点、アイデアから完成までの過程を多⾓的に考察する展覧会「現代アートを解剖する」を開催いたします。第1回目は、美術家の武田浩志を迎え、その作品の魅力を4名の執筆者による作品論や作家論、さまざまな資料を通して解き明かし、作家の更なる活躍・発展のきっかけとなることを目指します。
_MG_6834sRGBsRGB.jpg

「現代アートを解剖する Vol.1 武田浩志」
 

会 期|2020年3⽉7⽇(土)〜 4⽉17⽇(金)11:00〜20:00
会 場|眺望ギャラリー テラス計画(札幌市中央区北2条⻄4丁⽬1 ⾚れんが テラス5F)
展示作家|武田浩志
執筆者|O JUN、川上大雅、樋泉綾子、山本雄基
主 催|札幌駅前通まちづくり株式会社
共同企画|⼀般社団法⼈PROJECTA
お問い合わせ|011-211-4366(テラス計画)|terracekeikaku@gmail.com

Installation View 

本展に寄せて執筆されたテキスト

以下より、展覧会開催に寄せて執筆いただいた4名による武田浩志の作家論・作品論がご覧いただけます。

●「武田さんの活き」O JUN

●「salon cojicaから武田浩志を見つめる」川上大雅

●「目を閉じ込める絵画」樋泉綾子

●「Azkepanphan先輩、なにしてるんですか?(武田浩志・拙論)」山本雄基